Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ROS (distro:indigo) setup

PC ROS

セットアップ環境 

Ubuntu 14.04LTS

 

**書き忘れ…**(最初に行ってください)

-----------------------------------------------------------------------------------------------

 sources.listを設定

$ sudo sh -c 'echo "deb http://'packages.ros.org/ros/ubuntu trusty main" > /etc/apt/sources.list.d/ros-latest.list'

 

鍵の設定

$ wget http://packages.ros.org/ros.key -0 - | sudo apt-key add -

-------------------------------------------------------------------------------

ROS インストール

基本的にターミナルで行います

Ctrl + Alt + t でターミナルが開きます(一応書いとく...)

ではでは、始めましょう

 

まずは定番のパッケージの更新を行います

$ sudo apt update

$ sudo apt upgrade

 

 終わりましたら以下を実行(インストール、その他)

$ sudo apt install ros-indigo-desktop-full 

$ sudo rosdep init

$ rosdep update

途中で何か聞かれると思いますが...enterして気にせず進みましょうww

ROS(distro:indigo)をインストール

rosdepのインストール&アップデートを実行

”rosdep”はROSパッケージをビルドする際に依存するライブラリを

自動でインストールしてくれます(^.^)/

次に環境変数の設定

.bashrcを開きます

$ gedit ~/.bashrc

geditエディターで開けたと思います

文字がたくさん書いてありますが、それには触らずに、、、

一番下に以下を書き足します。

source /opt/ros/indigo/setup.bash

そしたら、保存して以下を実行

$ source ~/.bashrc

環境変数設定完了です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここまで来てなんですが。。。

以下をターミナルで実行するだけでも設定可能です

$ echo "source /opt/ros/indigo/setup.bash" >> ~/.bashrc

$ source ~/.bashrc

 やっていることは先程のと変わりありません、 .bashrcに変更を加え環境をリロード

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

rosinstall のインストール

$ sudo apt install python-rosinstall 

 ROSを便利に使うためのツールなので入れておくことをおすすめします。

 

動作確認

さてさて、インストールは完了したので動くのか確認しましょう

$ roscore 

 実行して赤字やerrorなどでなかったら問題なしです

 

おつかれ様でした。(主に自分)

記事書き始めたのが夜だったので書き終わる頃には疲れてしまいました(笑)

何かわからないこと困ってしまったことがありましたらコメントに気軽におねがいします。

返事お返しさせていただきます(私がわかることならね!!)

ではでは次の投稿でまた会いましょう、、、zzZ

 

 ROS用参考書物

* ROSではじめるロボットプログラミング

Amazon CAPTCHA

 

* ROSプログラミング

Amazon CAPTCHA